FX-JIN®公式Webサイト | クロスリテイリング株式会社

優位性を見極めるラインブレイクの極意!

優位性を見極めるラインブレイクの極意!


 ブログランキング・にほんブログ村へ 

たった7日間で月収100万円を目指す!

全てのFX初心者の登竜門、
FXスキャルピング7日間集中プログラムはこちら!

FXスキャルピング7日間集中プログラム


FX-Jinです。

ラインブレイクが強いエントリーの根拠となる事は
今までもお伝えしてきましたが、

トレンド相場でのラインブレイクレンジ相場でのラインブレイク
どちらがより強い根拠になるかということを考えたことはありますか?

多分あまりきちんと
考えたことがある人はいないかなと思います。

しかし、この違いを意識してトレードするだけで
損失を減らして利益を上げていくことが出来るようになります。

まずは、以下の図をご覧ください。

トレンド

レンジ

上の図が、トレンド相場でのラインブレイク
下の図が、レンジ相場でのラインブレイクです。

これだけ見るとどちらに優位性があるかということはわかりにくいですが、
この図の空いている空間に買いの圧力売りの圧力の矢印を入れてみましょう。

トレンド圧力

レンジ圧力

いかがでしょうか?

こちらを見れば、
どちらのラインブレイクがより強い根拠となるか一目瞭然ですね。

レンジ相場のラインブレイク
逆方向からの圧力も均等にかかっている可能性が高いので、

ブレイク直後にエントリーしてしまうと、
またラインの内側に戻って損切りに合う事があります。

一方トレンド相場のラインブレイクは一方向からの圧力が非常に強いため、
ラインブレイクの瞬間にエントリーしても
そのままその方向に進んで利益になる確率が高いんですね。

実際のチャートでも見てみましょう。

レンジリアルチャート

こちらはレンジ相場中にラインブレイクをしたチャートです。

ブレイクしたタイミングで売りエントリーしたとすると、
その直後にラインの内側に戻ってきてしまっているので損切りになっています。

損切り

レンジ相場の場合は、きちんとレイヤーに乗って
方向性が固まった段階でエントリーすることがポイントです。

そして、こちらがトレンド相場中のラインブレイクをしたチャートです。

トレンドリアルチャート

トレンド相場であればエントリーした方向に相場が動く確率が高いので、
ラインブレイク直後にエントリーしたとしても高確率で利益を出すことができます。

より高い勝率のトレードをしていくためにも、
優位性の高い相場の形を認識してトレードしていくことを
心がけましょう。

また、明確なトレンド相場以外にも
優位性の高い相場というのは存在します。

こちらの無料講座をご覧ください。

こちらの無料講座の4日目では、
「勝ちやすい相場の見抜き方」
「6つのチャートパターンを知ろう」ということで、

どういった相場でなら勝率の高いトレードが出来るのか
ということにフォーカスしてお伝えしています。

実践にも役立つこの講義は、
受講いただいた方からも高い評価を受けています。

今、FXの勉強が面白く感じています
松門 建志さん

FXは、雑誌などを購入してもどういうものなのかあまり理解していない状況で、
とりあえず、初めてみるかと思っていたときに、
ネットで無料セミナーのバーナーを見つけました。

最初は、胡散臭いなと思いながらも、FXについて、
ちょっとでも理解できればという思いで申し込みました。

今は、Jinさんの語り口調、一所懸命さなどなど、
「この人ならば、信頼できるだろう。」と
FXにかけてみようという思いが強くなりました。

おかげさまで、今回、STAまで申し込んでしまいました。

それくらい、今、FXの勉強が面白く感じています。
これで、本トレードして、利益が上がれば、もっとはまると思いますが・・・。
頑張りたいと思います。

恋スキャから勉強のスタートをきれてとてもよかったです。
廣田 敏樹さん

質問ではございません。

FXを始めたばかりの初心者ですが
恋スキャのお陰で高勝率を維持できています。

このまま継続的に利益を出していけるよう学び続けていこうと思います。
恋スキャから勉強のスタートをきれてとてもよかったです。
恋スキャで利益が取れたら ライントレードマスターも購入しようと考えています。

普段から迅速で丁寧な対応、優良なコンテンツのご提供ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。


「本気でFXで利益を上げたい」

そう強く思っている方の
力になれるプログラムだと自負しています。

まずは覗いてみるだけでも構いませんので、
ぜひこちらからご覧ください。
FXスキャルピング7日間集中プログラム

最後までお読みいただきありがとうございました。

FX-Jin







 ブログランキング・にほんブログ村へ 

PAGETOP