FX-JIN®公式Webサイト | クロスリテイリング株式会社

ライントレードの実力チェック!課題解答をお送りします!

ライントレードの実力チェック!課題解答をお送りします!







  • 1つ目
    ↓ 応援クリック ↓

  • 2つ目
    ↓ 応援クリック ↓

    ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 3つ目
    ↓ 応援クリック ↓

1つ1秒、合計3秒のご協力をお願いします!
ランキング1位を獲得した際には、メルマガで有料級コンテンツをプレゼントします!
(ぜひ、ページ下からメールマガジンにもご登録ください)


このボリュームで本当に無料!?

楽しく学べてあっという間に月収400万の不労所得をゲット!
大人気の無料講座「FXライントレード・マスタースクール」はこちら!
「FXライントレード・マスタースクール」はこちらから!


FX-Jinです。

さて、今回のライントレード実践講座では、
前回のライントレード実践講座で紹介したライントレードの課題5問の答え合わせをしたいと思います。

挑戦してみた結果はいかがだったでしょうか。

これまでのライントレード実践講座を学ばれていた方や、こちらの「FXライントレードマスタースクール」を学ばれていた方にとっては簡単だったかもしれませんね。

「FXライントレード・マスタースクール」はこちらから!

ちなみに、こちらの「FXライントレードマスタースクール」では、ライントレードの基礎を楽しく学ぶことができますので、
まだ課題にチャレンジできていない方や、ラインの引き方に迷ってしまった方はぜひ受講してみてくださいね。
※今なら無料で受講できます。

 
では、早速課題の答え合わせにいきましょう。

【課題1】
・このチャートにラインを引いてみましょう

この課題の答えはこちらです。

横ばいに推移しているこのチャートで引くラインは、
トレンドラインではなくサポレジラインですね。

相場に意識されているポイントにラインを引いてみると、このように3本のラインが引けました。

青色で囲った部分を見てください。
ラインを引くことで、相場がレイヤー内で推移していることがわかりますね。

こういった相場でトレードをする場合は、
レイヤーを突き抜けて、トレンドへ転換したタイミングを狙うとよいでしょう。

 
【課題2】
・このチャートにラインを引いてみましょう

この課題の答えはこちらです。

この相場ではこのようにトレンドラインを引くことができますね。
(もちろん、平行ラインも引いてOKです。)

こういったトレンド相場であれば、トレンドに沿った有利なポイントで、
エントリー根拠を探して、トレードを仕掛けていきましょう。

このように、トレンドラインの3点目を狙うことや、
一度上げ止められた高値のラインへ乗っかったタイミングなど、
複合的に根拠が重なった場面を狙うと、手堅く利益が取れるようになります。

 
【課題3】
・このチャートにラインを引いてみましょう
・このチャートでのエントリーポイントにチェックをしてみましょう

この課題の答えはこちらです。

まず、今回のチャートでは2種類のラインが引けますね。
下落トレンドを捉えるためのトレンドライン
そして、レイヤーを作りながら下落していっていることがわかるサポレジラインです。

トレンドラインですが、今回の課題の中ではラインの引き直しが行われています。
これも、過去の実践講座でお伝えした内容ですね。

そして、この課題のエントリーポイントですが、ピンク色で囲ったポイントになります。

トレンドラインの3点目で、なおかつレイヤーに乗った場面です。
より根拠があるポイントとして機能しています。

実は、エントリーできるポイントはここだけではありません。

最初のポイントよりも根拠は弱くなりますが、
こちらの2点でもエントリーすることができますね。

前者は、トレンド相場かどうかまだ未確定であること。
後者は、しばらく相場がもみ合っていること。
こういった不安要素がありますが、下落の流れに乗ってトレードしてもよい相場であるといえます。

 
【課題4】
・このチャートにラインを引いてみましょう
・このチャートでのエントリーポイントにチェックをしてみましょう

この課題の答えはこちらです。

ここではこのように、サポレジラインを引くことができますね。

そして、エントリーポイントですが、
1点目はレンジをブレイクして、レイヤーに乗ったタイミング。

2点目は、1点目のポイントからさらに1段レイヤーを切り上げて、
最初のレンジブレイクによってさらに上昇に転じる可能性があると判断できるタイミング。

3点目は、1、2点目と同様に、レイヤーに乗ったタイミングになります。

このチャートを見ると、3点目のポイントでエントリーした場合、その後トレンドが終息してしまっているので、
トレードルールによっては少額の利益のみという結果になる可能性はありますが、
この3点全てでトレードができた場合は、なかなか良い結果となったのではないでしょうか。

ちなみに、この場面の波形の捉え方によっては別のラインを引くことができます。

このようなトレンドラインも引くことができますね。

前者のようなラインを引くか、後者のようなラインを引くかですが、この違いに関しては、
波形のスパンの捉え方の違いであり、トレーダーの個人差ですので、どちらが正解でどちらが間違いということはありません。

この波形のスパンに関しても、過去のライントレード実践講座でご紹介していますので、
気になった方はぜひご覧ください。

 
【課題5】
・このチャートにラインを引いてみましょう
・このチャートでのエントリーポイントにチェックをしてみましょう

この課題の答えはこちらです。

最後に引っかけとなるチャートを用意させていただきました。

このように、相場の動きが読めない場面では、
無理にラインを引こうとしてはいけません。

この状態でラインを引いたところで、果たしてそのラインが機能するかどうか定かではありませんし、
ラインを引いて無理矢理トレードをしようものなら、思わぬ損失を被ってしまう可能性があります。

今回の課題では、どこにラインを引くのか。
そしてどこがエントリーポイントなのかを探してもらいました。

実はこういった課題にしたのには理由があります。

前回のお悩み相談のテーマでもあるポジポジ病、
この症状にかかっている人の目線に立ってもらいたかった
んですね。

もちろん、課題1~4では、これまでのライントレードのおさらいとして、
正しくラインが引けているのかをチェックしてもらう目的でもありました。

しかし、課題5に関しては、
ポジションを持ちたがり、根拠のない相場から無理矢理エントリーポイントを探してしまう
その行為に気づいてもらおうと思ったのです。

この課題で、「ラインは引けない」、「エントリーポイントはない」という判断をすることができた方は、
相場を把握する力が身についてきていると言えます。

一方で、エントリー箇所を探ろうとしていたのであれば、もしかしたらポジポジ病の可能性があります。

どうすればそういった見方を改善できるかは、前回のお悩み相談でお話していますので、
そちらをぜひご覧くださいね。

最後に

5つの課題に挑戦した結果はいかがだったでしょうか。

今回の課題は、基本的なラインの引き方から、
ラインの引き直し、波形のスパンの捉え方
最後に、エントリーしない判断力という部分を試させていただきました。

どれも、このブログでお伝えしている内容だったため、
いつも学習を頑張っている方々にしてみれば簡単すぎる課題だったかもしれません。

ですが、こうやって実際の相場を相手にするのではなく、課題として自分が覚えたことをアウトプットする機会というのは非常に重要です。

学習したことが身になっているかどうか、
今回の課題を通して再確認していただければと思います。

 
どの課題にも言えることなのですが、
ラインを引いた後、トレードするために必要なことは根拠を見つけてあげることです。

強い根拠を見つけ、優位性をもってトレードすることができるトレーダーを目指していきましょう。

 
もっともっとライントレードを学んでいきたいという方には、こちらの無料講座がオススメです。

こちらの「FXライントレードマスタースクール」では、ライントレードの基礎を動画で学ぶことができます。

このブログで学ぶだけでなく、動画で学ぶので、
相場の動きに合わせてラインを引くやり方を
より詳しく、よりわかりやすくレクチャーしています。

講座を学び終えたあと、あなたには実践で活用できるテクニックが身につくこと間違いなし。
実際にこの講座を受講してから利益を上げている方々も多くいます。

例えばこの方たち

学習するの楽しいし役に立つ時がくると思っています
秋本久美さん

お世話になります

FX お勉強し始めてもうすぐ3ヶ月の初心者です
ライマス学習難しくて最初さっぱりわからず
どうしようかと思いましたが動画を繰り返し見たり
いろいろ調べたりして少しずつ理解できるようになってきました

ひとつひとつ理解するのに時間がかかっていますが
学習するの楽しいし役に立つ時がくると思っています

おっちょこちょいな私ですが頑張っていきますので
よろしくお願い致しますm(__)m

エントリー・決済など判断の
手助けになるということがよく分かりました。
橋本正俊さん

FXの教材は色々ありますが、ライマスはそれらの教材とは違った切り口で、
FX-Jinさんと金本さんが、かしこまったところもなく普通に会話をしているので、
その話の中に自然に入っていくことができました。

あたかも自分が金本さんの隣で一緒に聞いているようでした。

ライントレードについては、ラインを引くことでチャートがすごく分かりやすくなるし、
ラインを使うことによってエントリー・決済など判断の手助けになるということがよく分かりました。


今後も皆さんがライントレードで抱えている悩みや疑問を、
ぜひ下記のフォームから送ってみてくださいね。

お送りしていただいたメッセージの中から、抽選となってしまうのですが、
ライントレード実践講座をご覧になる多くのFX初心者トレーダーに役立つ知識など、お答えさせていただきます!

FX-Jin







  • 1つ目
    応援クリック

  • 2つ目
    応援クリック

    ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 3つ目
    応援クリック

1つ1秒、合計3秒のご協力をお願いします!
ランキング1位を獲得した際には、メルマガで有料級コンテンツをプレゼントします!


RANKING

1 【FXの基礎1】FXで知っておくべき10大基礎用語とトレード手法
【FXの基礎1】FXで知っておくべき10大基礎用語とトレード手法
2 お問い合わせ
お問い合わせ
3 第19回 日本経済が破綻したとき、生き残りたい人は必ず見てください
第19回 日本経済が破綻したとき、生き残りたい人は必ず見てください

クロスリテイリングLINE@

クロスリテイリングのLINE@と友だちになれば、有益な投資情報を無料で手に入れることができます!

FX-Jinのメルマガ登録フォーム

FX講師・トレーダー・経営者と様々な顔を持つFX-Jinの公式の無料メルマガです。
ブログやコラムなど、FX-Jinが発信する投資やトレードに関する様々な情報を受け取ることができます。

PAGETOP