FX-JIN®公式Webサイト | クロスリテイリング株式会社

ライントレードはトレーダーの思考を分析する究極の手法です

ライントレードはトレーダーの思考を分析する究極の手法です







  • 1つ目
    ↓ 応援クリック ↓

  • 2つ目
    ↓ 応援クリック ↓

    ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 3つ目
    ↓ 応援クリック ↓

1つ1秒、合計3秒のご協力をお願いします!
ランキング1位を獲得した際には、メルマガで有料級コンテンツをプレゼントします!
(ぜひ、ページ下からメールマガジンにもご登録ください)


このボリュームで本当に無料!?

楽しく学べてあっという間に月収400万の不労所得をゲット!
大人気の無料講座「FXライントレードマスタースクール」はこちら!
「FXライントレードマスタースクール」はこちらから!


FX-Jinです。

前回のライントレード実践講座では、
レイヤーを確認しながらトレンドで利益をあげていくレイヤートレードをテーマに、
レイヤーを使用したトレードの模様をご紹介しました。

そして、先週の最後に、
今回のライントレード実践講座までに取り組んでいただきたい
課題を出させていただきました。

取り組んでいただけたでしょうか?

先週の講座を元に取り組んでいただければ、
おのずと答えを導き出せる相場
であったと思います。

今週はその課題を元にレイヤートレードの解説をさせていただきますので、
まだ課題に取り組んでいらっしゃらない方は、
今からでも、ぜひ挑戦してみてくださいね。

しっかり学べる!レイヤーを意識したライントレード

さて、前回はこちらの相場を元に解説をしました。

そして、課題として挑戦していただきたいとお伝えしたのは、
こちらの緑色で囲った範囲のどこでエントリーをするかですね。

ヒントは2つ、

1つ目は、
チャートの緑色で囲った範囲でエントリーするのは買いエントリーである

2つ目は、
前回のテーマをよく思い出す

でした。

では、答え合わせです。
上記チャートの緑色で囲った範囲でエントリーできる根拠があるポイントは2箇所。

青色の丸で色をつけた付近になります。

いかがでしたか?
あなたが考えたエントリーポイントと一致しましたでしょうか。

「まさか2箇所あるとは思っていなかった…」

という方もいるのではないかと思いますので、

1つずつ、順を追って説明していきましょう。

1つ目のエントリーポイント

ではまず、1つ目のエントリーポイントから説明していきましょう。

前回のライントレード実践講座で引いた、
サポレジラインのレイヤーを今回も引きます。

すると、青色で囲った直前の相場で、
レイヤーを陽線で上抜けていることがわかります。

そして、押し目を作り、青色で囲った箇所で、
レイヤーへの反発を見せました。

このレイヤーが意識されているということは、
エントリーの根拠として考えることができ、
相場を捉えるラインとして機能している
ことが言えます。

ただ、レイヤーのラインブレイク時点では、
大きく突き抜けているとは言い難いので、ベスト中のベストとは言えません。

それでも、このポイントでエントリーをするとしたらこのようになります。

レイヤーへ反発を見せたポイントの、
直近高値を上抜けた足の次の足である、
緑色で囲ったポイントでエントリーをします。

そして、損切りは直近の安値の少し下に置き、
これまでの上昇の流れを考え、押し目を作ったらトレーリングストップで
損切り位置を動かしていきます。

そして決済は、トレーリングストップを使うということで、
損切りに引っかかったポイントで決済をしました。

結果として、根拠を元にトレードを行いましたが、
途中で大きく陰線を作り、下落した場面に出くわしてしまい、
ほぼエントリーした価格での決済となってしまいました。

「Jinさん、この場面だったら、ある程度利益が伸びた段階で決済してしまえば利益を出せたのでは?」

と言いたい方もいらっしゃるかもしれませんが、
根拠の薄い判断はあまりお勧めできません。

ルールの無い判断は、トレードに軸が無く、
ただただメンタルによって感情を煽られるだけのギャンブルと変わりません。

こういったトレードは、一時的には利益を出せることもあるかもしれませんが、
いずれは破綻するでしょう。

もし、継続的に利益を上げたいと考えているのであれば、
しっかりとした理由を持ってトレードを行い、
その結果、自分が決めたルールによって損を被る。

または利益がほぼ得られなかったとしても、
それは間違ったトレードではなく、正しいトレードを行ったと思ってください。

間違っても、
ルールを破って目先の利益に飛びつけばよかったなどと考えないようにしましょう。

2つ目のエントリーポイント

では、続けて、2つ目のポイントも見ていきましょう。

2つ目のポイントでは、上の図のように、
さらにもう1本、ヨコのラインを引くことができ、
新しいレイヤーを形成していることがわかります。

そして、青色で囲ったポイントを見ていただきたいのですが、
新たに引いたラインで支えられ、レイヤーで反発していることがわかります。

ここも、先ほどと同じように、
根拠のあるポイントであることがわかります。

ではこの場面でエントリーすると、こうなります。

直近高値を上昇の足で抜けた次の足(緑色で囲った箇所)でエントリーを行い、
1つ目のトレードで意識された高値の少し手前にリミットを設けました。

これは、再びその価格帯で反発してしまう可能性を見越して、
手堅く利益を獲得するためです。

もちろん、1つ目と同様に、トレーリングストップを設定して、
利益を追求する方法もよいでしょう。

ただその場合は、1つ目のトレードで意識された高値には注意する必要があります。

相場が高値を抜けるまでは前者の損切りと決済を意識して、
高値を抜けた段階でトレーリングを仕掛けていくかに切り替えをするのが適切だと言えます。

最後に

前回のテーマでもある
レイヤーを確認しながらトレンドで利益をあげていくレイヤートレード
を元に、課題に取り組んでみていかがでしたでしょうか?

もちろん、人によって相場の見方というのは千差万別なので、
エントリーの足がズレていたり、決済のタイミングもそれぞれです。

100%ピッタリ同じ解答でなければいけないわけではありません。

しかし、エントリーや決済のタイミングは異なれど、
相場の動きを知るために抑えておきたいポイントというのは、
共通認識を持ってもらいたいです。

なぜならば、FXの相場は自動で形成されるのではなく、
取引に参加する人間の総意であるからです。

ですので、相場の動きを知ることができれば、
イコール、取引に参加する人間の思考を知ることができ、
常に最善の手を打ち出すことができます。

FXトレードは、優位性を掴まなければ、
利益を上げていくことはできません。

だからこそシンプルで簡単に学べる
ライントレードが絶大な効果を与えてくれるんですね。

このように、今後あなたがFXで勝つために優位性を掴みたいというのであれば、
こちらの講座がオススメです。

こちらの講座では、無料でライントレードのテクニックを学ぶことができます。

さらに、その内容は有料レベル

ブログで紹介しているライントレード実践講座だけでは知り得ない
ライントレードのテクニックを、余すこと無くお伝えしています。

実際に、たくさんの方に学んでいただき、
こちらの無料講座で結果を出している方も。

例えばこの方たち

今は自分のトレードに自信を持てます!
武田さん

自分はFX歴10年と、それなりに長くトレード経験を積んできた者です。
スキャルピングをメインにトレードをしていますが、
ここ数年でやっと勝率が6~7割を超えるようになってきたという感じです。

それなりに安定してきた手ごたえはあったのですが、
今一つ何か決定打にかけるトレードをし続けている気持ちが常にどこかにあって、
運任せになってしまう場面があるのも自覚していました。

そんな時、このライマスのモニターに参加させてもらい、
教材を拝見した時は驚きの連続でした。
自分に足りなかったのはこれだ!!と感激しました。

ライマスは、その名の通りラインについてとことん教えてくれ、
またラインだけでなくレイヤーやゾーン、
相場全体で捉える考え方も学べた
ので、
どうやってこの相場を攻略するのがベストか、というように

エントリーする前にきちんと戦略立てることが
できるようになりました。

そうすると、自分のトレードに自信が持てるようになって
今では損切りになった部分も自分なりに理由を説明できるので、
損切りも無駄ではないと感じることができます。

勝率も安定して、今では8割近くまで上がりました。

以前より、トレードを楽しめるようになったと思います。
素敵な教材に出会えたことに心から感謝いたします。
ありがとうございました。

はじめて勝率80%を超えました!
池上さん

一度FXで大負けして、退場した経験があります。

以前FXをやっていた時は、見事に自分が買えば下がり、売れば上がるばっかりで、
全然勝つことができずに早々に退散せざるを得なくなりました。

今回このライマスで再びFXに挑戦したときの率直な感想は、
『もっと早く知りたかったーー!』です。^^;

ロット数が小さかったので、利益率は大きくありませんが、
3ヶ月目には初めて勝率80%を超えました!!!

FXは難しい難しいと思い込んでいましたが、
ジンさんが言っていた『型』を理解し、そのポイントをきちんと意識して相場を見れば、
自分でも驚くほど、エントリーすべき場所、すべきでない場所がわかるようになってきました!

今思えばFXを始めた頃の自分は、インジケーターをたくさん使い、
自分で難易度を上げていたように思います。

難しく考えすぎていたんですね。

今回でシンプルに考える思考を養えたので、
これからはまた新たな気持ちでトレードに挑戦していきたいと思います。

素晴らしいきっかけを与えてくれたジンさんに感謝します。
ありがとうございました!(^O^)

ラインだけでトレードが可能だというのは
自分にとってかなり衝撃的事実でした
工藤さん

これは本当にすごいと思いました。

これまでいくつかのインディケータを使用してトレードを行っていたのですが、
ライマスを勉強しててインディケータはチャートのローソク足をベースに計算されたもので、
ローソク足にすべての情報が集約されていることを思い出しました。
(ラインだけでトレードが可能だというのは自分にとってかなり衝撃的事実でした。)

そして勉強してて思ったのは奥が深いという事です。

例えば、最初の頃はゾーントレードの重要性とかあまり腑に落ちず、
なんでわざわざ一つの項目として設けているのか理解できませんでした。

勉強して、デモトレードで検証していってようやく
「なる程だから重要なのか」とようやく理解することができました。

あとライマスの教材で重要だと思ったのは金本さんの日記です。

もちろんベースのお話は講座のなかでJinさんが講義してくれているのですが、
実際のチャートでそれがそのまま使えるレベルになっているかというと
不足している点が多々あり、
それを補ってくれているのが金本さんの日記だと思いました。

まだ勉強中ですが、引き続き頑張っていこうと思います。


今後も、レイヤーを活用したライントレードを集中的に学んでいき、
相場で優位性を持ってトレードができるトレーダーを目指しましょう。

FX-Jin







  • 1つ目
    応援クリック

  • 2つ目
    応援クリック

    ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 3つ目
    応援クリック

1つ1秒、合計3秒のご協力をお願いします!
ランキング1位を獲得した際には、メルマガで有料級コンテンツをプレゼントします!


RANKING

1 【FXの基礎1】FXで知っておくべき10大基礎用語とトレード手法
【FXの基礎1】FXで知っておくべき10大基礎用語とトレード手法
2 お問い合わせ
お問い合わせ
3 第20回 インフレが起こす経済危機とそれを乗り越えるためのたった一つの考え方
第20回 インフレが起こす経済危機とそれを乗り越えるためのたった一つの考え方

クロスリテイリング公式PV

FX-Jinからのご挨拶

不労所得を得るための最短コースとは?稼ぐためのステップ

企業としての展望と働くことの意義とは

私が会社経営を続ける理由

クロスリテイリングLINE@

クロスリテイリングのLINE@と友だちになれば、有益な投資情報を無料で手に入れることができます!

FX-Jinのメルマガ登録フォーム

FX講師・トレーダー・経営者と様々な顔を持つFX-Jinの公式の無料メルマガです。
ブログやコラムなど、FX-Jinが発信する投資やトレードに関する様々な情報を受け取ることができます。

PAGETOP