FX-JIN®公式Webサイト | クロスリテイリング株式会社

しっかり学べる!レイヤーを意識したライントレード

しっかり学べる!レイヤーを意識したライントレード







  • 1つ目
    ↓ 応援クリック ↓

  • 2つ目
    ↓ 応援クリック ↓

    ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 3つ目
    ↓ 応援クリック ↓

1つ1秒、合計3秒のご協力をお願いします!
ランキング1位を獲得した際には、メルマガで有料級コンテンツをプレゼントします!
(ぜひ、ページ下からメールマガジンにもご登録ください)


このボリュームで本当に無料!?

楽しく学べてあっという間に月収400万の不労所得をゲット!
大人気の無料講座「FXライントレードマスタースクール」はこちら!
「FXライントレードマスタースクール」はこちらから!


FX-Jinです。

少し前に、個人投資家が投資活動で後悔していることTOP10といったアンケートを見ました。

そのランキングは株について主に触れている内容だったのですが、
結果を見ると、

「取引のタイミングがわからず、チャンスを逃してしまう」
「もっと早くから投資を始めて、もっと勉強してから投資を始めればよかった」

という意見が多く見られました。

チャンスを逃してしまう原因の一つは、
知識や経験が実戦に追いついていないということが言えますね。

つまり、大半の個人投資家は、
「もっと早くに投資を学んでおけばよかった」と後悔している方が多いということです。

今では私も事業投資家として活動をさせていただいていますが、
私がFX初心者の頃というのは、FXを学ぶための場がほとんどありませんでした。

その中で、わからないながらも、失敗を通じてさまざまなことを学び、
本当にツライ時期を乗り越えてきました。

今でも、「あの頃にもっと学べる場があれば・・・」と思うほどです。

それだけ、「初心者の時期に多くの知識を身につけているか、いないか」で、
今後のトレーダーとしての質も変わりますし、
そこまで進むためのプロセスも変わってきます。

このブログをご覧になっている方の中には、
まだFXを始めたことはないけど、少し気になっているという方や、
FX初心者で、勉強のために見ている方もいるかと思います。

そんな方々に私が伝えたいのは、
その行動は、全く間違っていないということです。

むしろ、その行動は大正解です。

私がFX初心者だった頃と違い、
今では、知りたいと思えば、インターネットで検索することで
簡単に情報を得ることができます。

そういった環境の中で、
あなたは「チャンスを掴みたい」、「FXのトレードを学びたい」
と思って、このブログに訪れていると思います。

それだけの行動を起こせているのですから、

そうでない人との差は、
この先、あなたが思っている以上に大きな結果となって、
表れてくるでしょう。

ぜひ、私のこのブログで、投資家として、
そしてFXトレーダーとしてのチャンスをいち早く掴み、
お金を稼ぐためのスキルを学び取っていってください。

 

前置きが長くなってしまいましたね・・・(笑)

さて、今回のライントレード実践講座では、
レイヤーを確認しながらトレンドで利益をあげていく
レイヤートレードの1つの形
を学んでいきましょう。

レイヤートレードは、
前回学んだトレンドラインも活用してトレードをしていく
ライントレードのトレード手法です。

トレンドラインって・・・?という方は
まずはこちらの記事からご覧になってくださいね。

必見!利益を生み出すトレンドライン講座

今回はこのチャート画像を元に、学んでいきます。

パッと見たところ、上昇傾向の相場であることがわかりますね。

「ここは買いでエントリーしていくんだな」

と思われた方は正解ですが、これは過去相場であり、
チャートの全体像が見えていれば、どんな人でも結果は言い当てられます。

こういった学習で必要なことは、時間軸に沿ってチャートを見て、
どこにラインを引くのか考えながら、トレードを行う根拠を探っていくことです。

まずはこの場面を見ていきましょう。

この場面だけみると、トレンドが発生している様子がありませんね。

相場が一定の価格で波形を描いており、
こういった相場をレンジ相場と呼んでいます。

こういった相場では、
サポレジラインを引いていきましょう。

サポレジラインとは、サポートラインとレジスタンスラインの略で、
2本のヨコ線になります。

その名の通り、
サポートラインであれば支えられているライン、
レジスタンスラインであれば抑えられているライン
として、
相場を判断するのに使われていて、

相場が何度か跳ね返りを見せているポイント同士にラインを引くという、
簡単な方法で確認することができます。

先ほどの相場にサポレジラインを引くとこのようになりました。

引いたラインを見てもらうとわかりますが、
青色で囲った部分で相場がラインに意識されていることがわかります。

このサポレジラインを引いた間をレイヤー(自分独自の言い方です)といい、
一つの帯として、相場の動きを捉える役割を果たします。

この段階では、サポレジラインは引けましたが、
相場の方向性を判断するのは難しいので、
エントリーは控え、その後の様子を見ていきましょう。

次はこの場面、先ほどのレンジ状態から2回ほど場面の転換を見せていますね。

実はこの場面の中に、
ポジションを持ってトレードをしていく場面があるのですが、
相場の転換を順に追って、見ていきたいと思います。

まず1回目の相場の転換点はこちら。

先ほど引いたサポレジラインのレイヤーを陰線でブレイクして、
大きく下落の動きを見せました。

レンジ相場が続くということは、
売り買いの圧力が拮抗状態
となっていることでもあります。

つまり、そこからどちらか一方に傾くと、大きく相場が動くことになり、
トレンドを形成するキッカケにもなります。

ですので、緑色で囲った部分だけを見ると、
レンジを下落でブレイクしたので、
これから下落のトレンドが形成されやすい場面であることが言えます。

しかしこの色で囲った部分では、
まだ下落のトレンドが明確に形成されていない状態なので、
トレードをするか否かで言えば、トレードをしない場面となります。

レンジ相場からのブレイクでは、このように、
その後のトレンドの逆方向に、いったん動くことがよくあります。
だからこそ、なおさらトレンド発生を待つ姿勢が大事なのです。

次の転換点はこちらの相場の動きです。

レイヤーを下落でブレイクしたあとしばらくして、
相場がレイヤーの価格帯まで戻ってきていますね。

一見、上昇トレンドを形成しているようにも見えます。

先ほどのブレイクで、下落トレンドを確認せずに、
売りでエントリーしてしまった人たちは、
ここで相場に振り回される結果になっていました。

 

実はこの転換点が、
エントリーして利益をあげていくことができる相場なんですね。

あなたはどこがそのポイントだと思いますか?

今回のテーマを思い出して、少し考えてみましょう。



いかがでしょうか?

青色で囲ったところで買いエントリーして、
「トレンドを底からごっそりだ!」

と思われた方。

確かにトレンドを底から天井まで抜き取れたらいいですよね。

しかし、残念ながらここはエントリーできるポイントではありません。

今回のテーマがなんであったか、
もう一度思い出してみましょう。

今回のテーマは
「レイヤーを確認しながらトレンドで利益をあげていく
レイヤートレードの1つの形を学ぶ」
ことです。



いかがでしょうか?

正解はこちらになります。

なぜここがエントリーできるポイントなのか、
順に説明していきましょう。

まず考えてほしいのが、
現在の相場が上昇のトレンド相場なのかという点です。

「Jinさんは何を言っているの?そのポイント以前から目にみえて右上に相場が動いているでしょ」

と思うかもしれませんが、上の図で青色に囲ったポイント以前だと、
相場が上昇トレンドであることはまだわからないんです。

では具体的に、何をもって上昇トレンドなのかを判断する基準がここです。

最初に引いたレイヤーに、ローソク足が乗っかって、
反発していることが確認できましたね。

この反発の動きによって、最初に引いたレイヤーが意識されていることがわかり、
相場が上昇トレンドに転換する可能性があることを示唆しています。

さらに、上昇のトレンドラインを引くことができ、
レイヤーに乗っかっているポイントが、
トレンドラインに3回目の反発を見せているポイント
であることもわかります。

この段階で、上昇に転換する根拠が強いと判断し、
陽線が直近高値を突破した次の足をエントリーポイントにしました。

ちなみに、この反発が確認できる前がなぜ上昇トレンドとして判断できないのかというと、
次の画像にその理由があります。

上昇のトレンドを形成していると判断できる少し前に遡ってみます。

そうすると、どうでしょうか。
レイヤーをブレイクしたあと、一旦戻しを見せて、
下のレイヤーのサポレジラインで跳ね返されていることがわかります。(青色で囲った部分)

このことから、この戻しは上昇トレンドを形成する傾向ではなく、
下落相場となる可能性を含んだ戻しである可能性が高いのです。

この場面ではまだ、明確な動きが予測できないため、様子を見る必要があります。

では先ほどの場面に戻って、
先ほどのトレードで決済と損切りを置くとすると、このあたりになります。

決済はレイヤー上部より少し手前で利益確定をします。

これは、再びレイヤー内でレンジの動きを見せる可能性があるので、
意識されているラインの手前に利益確定を設定することで、
手堅く利益を取っていく
ようにしています。

損切りは直近安値の下に置く形です。

最後に

いかがでしたか。

今回のテーマである
レイヤーを確認しながらトレンドで利益をあげていく
レイヤートレードの1つの形
というのを学んでいただけたでしょうか。

前回まで細かく学習したトレンドラインも活用しつつ、
2本のヨコ線であるサポレジラインを引いて、
レイヤーを確認しながらトレードを行っていくことを今回はお伝えしました。

レイヤーを確認することは、ライントレードでも重要な要素の一つですので、
ぜひしっかりと覚えてください。

実は今回紹介したチャートですが、
先ほどのトレードのあとにも、
今回学習した内容を活かしてトレードができる場面があります。

これを次回までの課題としますので、
ぜひチャレンジしてみてください。

答えは次週のライントレード実践講座で、
解説と共にお伝えします。

ヒントは2つ。

1つ目は、
チャートの緑色で囲った範囲でエントリーするのは買いエントリーである

2つ目は、
今回のテーマをよく思い出す

この2つのヒントと、今回私がお伝えしたことをしっかりと見返して、
取り組んでみてくださいね。

また、この講座で学んだことをさらに深く学習したい方や、
まだまだご紹介しきれていないライントレードのテクニックを知りたい方は
こちらの無料講座がオススメです。

この無料講座では、まるでドキュメンタリーを見ている感覚で、
楽しくライントレードを学ぶことができるんです。

ライントレードに欠かすことができないレイヤー、トレンドラインといった、
基本的な部分を、本当にFX初心者の方でもすぐに取り組めるようになる内容となっています。

有料級の内容が無料で学べるということで、
ありがたいことにとてもご好評をいただいています。

実際にこちらの無料講座で結果を出している方も。

例えばこの方たち

ラインを引いただけで、今はエントリー出来る相場か
出来ない相場か、分かるようになってきました
村上さん

いつもお世話になっています。
相場の環境認識が出来るようになりたくて、参加しました。
ライマスは、他のロジック教材を活かすことが出来る教材なので
とても気に入っています。

ラインを引いただけで、今はエントリー出来る相場か
出来ない相場か、分かるようになってきました。

Jinさんの説明は、本当に分かりやすいです。
ライマス速習トレーニングプログラムにも参加していますが
1つ1つ、パターンを勉強できて、貴重な資料にもなるので
感謝しています。

遅れて参加したので、ライブで金本さんと
一緒に成長することができなかったのが残念です。
でも、金本さんに追いつけるように、がんばります。

ラインとは刻一刻と変化する優位性の場所を的確に捉える手段であることが理解できました
安永さん

ラインとは刻一刻と変化する優位性の場所を的確に捉える手段であることが理解できました。

ダウ理論だけでは相場の把握には少し遅く、
柔軟性に欠けると感じていました。

ライマスはラインと波形のコンビネーションで現在から
近い未来にかけての相場の把握に秀逸だと思いました。

片波ごとの戦略・戦術が示されているので、
相場の状況に応じた対応が自然にできるようになり、
ポジションを取った後のハラハラ感が薄れていくのがわかります。

ライマスを武器にたとえるなら、極限まで無駄をそぎ落とし、
切るという現象そのものを形にした日本刀ですね。

これがあれば戦える。あとは自分次第です。

現在は検証・低ロット習熟段階ですが、
多めにエントリーしても勝率80%程になることがわかりました。
よりうまく扱えるよう習得に取り組んでいます。

わかりやすく教えていただいているので、非常にありがたく思っています。
尾崎さん

今までトレードで自信が持てず、足りないものを
感じていましたが、その足りないものを補い、
トレードで安定した結果を残す目的で参加しました。

感想としては、必要としていた知識が
この中に詰まっていると感じました。

それをわかりやすく教えていただいているので、
非常にありがたく思っています。

今は、ラインの引き方とその意味を1つずつ
学びながら練習中です。

早く習得して実践できるように学習を続けています。


こちらの無料講座でも学習をしてみて、
ぜひ今回の課題にチャレンジしてみてくださいね。

FX-Jin







  • 1つ目
    応援クリック

  • 2つ目
    応援クリック

    ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 3つ目
    応援クリック

1つ1秒、合計3秒のご協力をお願いします!
ランキング1位を獲得した際には、メルマガで有料級コンテンツをプレゼントします!


RANKING

1 【FXの基礎1】FXで知っておくべき10大基礎用語とトレード手法
【FXの基礎1】FXで知っておくべき10大基礎用語とトレード手法
2 お問い合わせ
お問い合わせ
3 第20回 インフレが起こす経済危機とそれを乗り越えるためのたった一つの考え方
第20回 インフレが起こす経済危機とそれを乗り越えるためのたった一つの考え方

クロスリテイリング公式PV

FX-Jinからのご挨拶

不労所得を得るための最短コースとは?稼ぐためのステップ

企業としての展望と働くことの意義とは

私が会社経営を続ける理由

クロスリテイリングLINE@

クロスリテイリングのLINE@と友だちになれば、有益な投資情報を無料で手に入れることができます!

FX-Jinのメルマガ登録フォーム

FX講師・トレーダー・経営者と様々な顔を持つFX-Jinの公式の無料メルマガです。
ブログやコラムなど、FX-Jinが発信する投資やトレードに関する様々な情報を受け取ることができます。

PAGETOP