FX-JIN®公式Webサイト | クロスリテイリング株式会社

トレンドラインの精度を高めるたった1つの考え方

トレンドラインの精度を高めるたった1つの考え方







  • 1つ目
    ↓ 応援クリック ↓

  • 2つ目
    ↓ 応援クリック ↓

    ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 3つ目
    ↓ 応援クリック ↓

1つ1秒、合計3秒のご協力をお願いします!
ランキング1位を獲得した際には、メルマガで有料級コンテンツをプレゼントします!
(ぜひ、ページ下からメールマガジンにもご登録ください)


このボリュームで本当に無料!?

楽しく学べてあっという間に月収400万の不労所得をゲット!
大人気の無料講座「FXライントレードマスタースクール」はこちら!
「FXライントレードマスタースクール」はこちらから!


FX-Jinです。

最近、いろいろなメディアで人工知能について触れている記事を目にします。

ひとえに人工知能といっても、さまざまな形がありますよね。

例えば、
将棋や囲碁といったゲームの人工知能や、
インターネット上のサービスなどの人工知能など。

みなさんが勤めている会社にも何かしらの形で
導入され始めているといったこともあるのではないでしょうか?

それほど、”人工知能”は目まぐるしく成長を見せ、
世の中に波及し始めています。

実はこの人工知能ですが、
我々FXトレーダーにも関係ないとは言い切れないのです。

というのも、人工知能を取り入れたトレード方法というのが、
少しずつ表舞台に出てきているからです。

いずれは、我々の考えや瞬間的な判断のすべてを
人工知能が行うようになるのではないかとも噂されています。

ですから、これからの時代、
FXトレードにおいても、人工知能は100%避けては通れないと考えています。

 

しかし、これは悲観的な問題ではありません。

人工知能がこれから発展していくということは、
ある意味で、お金自身に働いてもらうことにも繋がるのではないでしょうか。

人工知能をうまくトレードに取り入れることができれば、
ご自身の力で利益を得るだけでなく、

人工知能にお金を動かしてもらい利益を得ることもできます。

これは、私が常日頃お話している、
投資家としての一つのゴールでもある
「ポートフォリオの形成」に一役買ってくれるとにらんでいます。

やはり投資家としては、
自分自身で利益を増やしていく方法と、
お金自身に動いてもらう方法。

この2つの方法を、うまく動かすことが
キーポイントですね。

 

そこで、人工知能が台頭する前に、
しっかりとご自身の力で稼いでいくスキルを身につけて行きましょう。

今回のライントレード実践講座では、

「スパンを意識してトレンドラインを引く」

をテーマに、
前回に引き続き、トレンドラインについて学んでいきましょう。

前回の講座を見ていただいた上で今回の講座を見ていただくと、
ライントレードのテクニックを学ぶ上で効果的ですので、
まだ前回の講座を見ていないという方はぜひこちらをご覧ください。
必見!利益を生み出すトレンドライン講座

さて、今回のテーマですが、
これは「相場を見ると無理矢理ラインを引いてトレードをしてしまいがちな方」や、
前回同様、「ポジポジ病になりやすい方」には効果的な治療法とも言えます。

この「スパンを意識する」とは何のことかを知っていただくためにも、
まずはこちらのチャートをご覧ください。

少し前回のおさらいも兼ねて、
こちらのチャートにトレンドラインを入れるとしたら
どのようにラインを引くか考えてみましょう。



いかがでしょうか。
それでは見てみましょう。

このようにトレンドラインを引くことができました。

上昇した足が一回押し目を付けているポイントを起点として、
上昇のラインが引けましたね。

では、次のチャートではどのようにトレンドラインを引きますか?



いかがでしょうか。
それでは見てみましょう。

このようにラインを引くことができます。

さきほどのチャートに比べ、
1つ1つの波形を長い目で捉えていますが、
波形の高値同士を結ぶようなラインを引くことができています。

波形を広い目線で見てラインを引くことで、
少し長期的な目線でトレンドの方向性を伺うことができますね。

このように波形を広い目線で見てラインを引くときは、
ある程度チャートも形成された上で引くことができるので、
簡単にラインを引くことができるのではないでしょうか。

 

さて、少し話がそれてしまいましたが、
今、2つのチャートにトレンドラインを引いてもらいました。

この2つのチャートの違いがわかりましたか?

2つのチャートを見比べてみると、
高値、または安値を結ぶ波形の間隔が異なっていることがわかります。

この波形の間隔のことを「スパン(トレードスパン)」(私が作った用語なので、正式な為替用語として存在しているわけではありません)と呼びます。

見比べると、1つ目のチャートよりも、
2つ目のチャートの方がスパン(間隔)が広いことがわかりますね。

そして、トレードをするときにこのスパンを一定にして
ラインを引くことが、トレンドラインを引く上での1つの大切なポイント
です。

もしあなたが最初のチャート画像のようにラインを引いたのであれば、
その後のトレードも、すべて同じスパンでラインを引くように意識する、ということですね。

一方で、2つ目のチャートのように、スパンの広いトレンドラインの方が引きやすいと感じている方は、
その後のトレードもすべて広いスパンでラインを引くようにしてみてください。

今回ご覧いただいたチャートはひと目見て判断していただくために
両極端なものを用意していますが、どちらかがNGということではありません。

大事なことは、常に自分が決めたスパンでラインを引くようにすることです。

「いろんなスパンでラインを引けたほうが、
トレードする機会が増えるし、トレーダーとして技術があるってことではないのか?」

と思われている方がいるとしたら、それが負けトレードの原因です。

スパンを特に決めず、トレンドが出てなんとなくラインが引けそうだからと
ラインを引くのは根拠の無いトレードそのものです。

自分が決めたスパンでラインを引くために、
相場を見抜く力を身につける方がトレーダーとしての技術を持ち合わせていると私は思います。

トレンドラインを引けるポイントを無理矢理探して、まったくスパンを意識していなかった方は、
この機会にしっかりとトレンドラインの引き方を意識するようにしてください。

ちなみに、一つ誤解を受けてしまわないようにしてほしいのですが、

スパンはあくまで、トレンドラインごとの波形の間隔のことであり、
一本のラインで結んだ高値、または安値の間隔の均等さではありませんので、
注意してくださいね。
 

最後に

FXトレードには、インジケーターを使用したり、
EAと呼ばれる自動売買プログラムを使用したり、

ルールを決めてオートマチックなトレードスタイルをとる方法など、
様々な手法があります。

我々トレーダーは、利益を上げるために、
たくさんの手法の中から自分に最適な手法を選び抜いていかなければなりません。

それは簡単なようで、長い時間と膨大な学習が必要になります。

もし、まだ自分に合った手法が見つかっていないという方は、
ぜひライントレードを学んでみてください。

私、FX-Jinが講師をつとめる
「FXライントレード・マスタースクール無料講座」では、
メールアドレスの登録だけで、ライントレードを無料で学ぶことができます。
(期間限定です)

ライントレードは初心者の方でも簡単に取り組むことができますし、
相場が存在する限り通用する手法なので、

一度ライントレードを身に着けてしまえば、
相場がある限り、利益を出し続けることも可能です。

相場にたった数本のラインを引くだけ、というシンプルな手法なので、
学んですぐに実践することもできます。

本来ならば有料でご提供してもおかしくない内容で、
ありがたいことにとてもご好評をいただいており、
実際にこちらの無料講座で結果を出している方が続出しています。

例えばこの方たち

ライマスを始めてからはほとんど負ける事がなくなりました。
米倉さん

ライマスは以前から存在は知っていましたので
購入したいと待ち望んでいた教材でした。

今回ようやく購入できましたので使ってみましたところ
早速効果が出てきました。

今までは勝ったり負けたりしてさっぱりでしたが
ライマスを始めてからはほとんど負ける事がなくなりました。

今まで色んなロジックを試しましたが
ライマスのロジック(というよりは相場の読み方でしょうか)が
一番確かだと感じています。

これからさらに経験を積んでプロの端くれぐらいにはなりたいと思っています。

これは本当にすごいと思いました
江口さん

これは本当にすごいと思いました。
これまでいくつかのインディケータを使用してトレードを行っていたのですが、
ライマスを勉強しててインディケータは
チャートのローソク足をベースに計算されたもので、
ローソク足にすべての情報が集約されていることを思い出しました。
(ラインだけでトレードが可能だというのは自分にとってかなり衝撃的事実でした。)

そして勉強してて思ったのは奥が深いという事です。
例えば、最初の頃はゾーントレードの重要性とかあまり腑に落ちず、
なんでわざわざ一つの項目として設けているのか理解できませんでした。

勉強して、デモトレードで検証していってようやく
「なる程だから重要なのか」とようやく理解することができました。

あとライマスの教材で重要だと思ったのは金本さんの日記です。
もちろんベースのお話は講座のなかで
Jinさんが講義してくれているのですが、
実際のチャートでそれがそのまま使えるレベルになっているかというと
不足している点が多々あり、
それを補ってくれているのが金本さんの日記だと思いました。

まだ勉強中ですが、引き続き頑張っていこうと思います。

無駄なトレードをしすぎていたのだということが
わかりました。
後藤さん

FXを始めてから1年半ほど経ちます。

勝ち負けを繰り返し、
気づけば資金を1年分の年収くらい失っていました。

ポジポジ病で仕掛けておかないと気が済まないようになっていて、
今思えば無駄なトレードをしすぎていたのだということがわかりました。

JINさんが

「自分も負けていたころは、食事中もチャートをずっと見ていた」
(私も同じでした)とか、

「何のためにFXをしているのか、
家族を幸せにするためだとか自分の夢を実現するために始めたのではないか!
だったらポジションを持つためではなく、勝ち続けることが一番大事」

「あせってはダメ」

という講義を聞きながら、
いつも頷きながら自分に言い聞かせ、現在は取引の回数を減らし、
このライマスの学習に時間を費やしています。

FXを始めた当初、JINさんの教材もインターネットで目にはしていたのですが、
恋スキャもライマスも当時はそれほど重要とは思っておらず、
かってに独学で初めてしまったのが失敗の元だと今では思っています。
悪い癖を直さなければ。。。

金本さんは最初からいい師匠に恵まれて、悪い癖をつけることなく、
成長されていて、とても羨ましく思います。
できれば私もJINさんの弟子にしていただきたいくらいです。(笑)

金本さんのトレード日記も全部見終わるまでには時間はかかりますが、
仕掛けるときや利食い・損切りのヒントがちりばめられており、
今44回のところまで見ています。

私がまだFXを初めていなかったころの相場が見れて、
昔は1ドル75円の頃もあったんだと歴史を感じながら見ていて、
過去検証も徐々に始めているところです。

このコンテンツはいつまでも見られるようにしていてほしいです。
何度も何度も繰り返しJINさんの戒めの言葉を聞いて、心に刻み込み、
勝率90%をめざせるようにがんばりたいと思います。


人工知能がこれからの時代を担うとしても、
あなた自身が稼ぐスキルを身につけることは欠かせないでしょう。

ぜひライントレード実践講座からライントレード術を学んでください。

FX-Jin







  • 1つ目
    応援クリック

  • 2つ目
    応援クリック

    ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 3つ目
    応援クリック

1つ1秒、合計3秒のご協力をお願いします!
ランキング1位を獲得した際には、メルマガで有料級コンテンツをプレゼントします!


RANKING

1 【FXの基礎1】FXで知っておくべき10大基礎用語とトレード手法
【FXの基礎1】FXで知っておくべき10大基礎用語とトレード手法
2 第19回 日本経済が破綻したとき、生き残りたい人は必ず見てください
第19回 日本経済が破綻したとき、生き残りたい人は必ず見てください
3 時間やチャートに縛られず、利益を上げ続ける方法
時間やチャートに縛られず、利益を上げ続ける方法

クロスリテイリングLINE@

クロスリテイリングのLINE@と友だちになれば、有益な投資情報を無料で手に入れることができます!

FX-Jinのメルマガ登録フォーム

FX講師・トレーダー・経営者と様々な顔を持つFX-Jinの公式の無料メルマガです。
ブログやコラムなど、FX-Jinが発信する投資やトレードに関する様々な情報を受け取ることができます。

PAGETOP