FX-JIN®公式Webサイト | クロスリテイリング株式会社

必見!利益を生み出すトレンドライン講座

必見!利益を生み出すトレンドライン講座







  • 1つ目
    ↓ 応援クリック ↓

  • 2つ目
    ↓ 応援クリック ↓

    ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 3つ目
    ↓ 応援クリック ↓

1つ1秒、合計3秒のご協力をお願いします!
ランキング1位を獲得した際には、メルマガで有料級コンテンツをプレゼントします!
(ぜひ、ページ下からメールマガジンにもご登録ください)


このボリュームで本当に無料!?

楽しく学べてあっという間に月収400万の不労所得をゲット!
大人気の無料講座「FXライントレードマスタースクール」はこちら!
「FXライントレードマスタースクール」はこちらから!


今回のライントレード実践講座では、
今一度基本に立ち戻って、ラインの引き方を学んでいただきたいと思います。

実はこのライントレード、
稼ぐようになるためには、応用や実践もさることながら、
正しいラインが引けるかといった基本的なことが重要になります。

学習を行い、正しい知識を身につけるためには、
基本となる知識をしっかりと学び、基礎を身につけることが大切です。

ライントレードを自分のものにするためにも、
ぜひ今回の記事を読んで、
ご自身が引いているラインが正しいのかを再確認してみましょう。

そして、自分のラインが間違っていたのであれば
正しいラインの引き方を覚え、

正しくラインを引けていたのであれば、
今回の講座は復習として取り組み、
人に正しく教えられるレベルまで落とし込んでいきましょう。

もちろん、ライントレードを知らない初心者の方は、
これを機にライントレードとはなんなのかを知っていただければと思います。

 

さて、今回取り上げるのはトレンドラインです。

トレンドラインはローソク足の波形に対して、
安値、または高値同士を結ぶラインのことを指します。

その相場が上昇傾向にあれば安値同士を結び、
相場が下落傾向であれば高値同士を結ぶことで、
トレンドの勢いや方向性を可視化することができます。

それだけでなく、

「そのトレンドがトレーダーにどのくらい意識されているのか」
そして、
「トレンドの終息」を知ることができ、
相場で利益を上げるためには必須といえるほど重要なラインになります。

一方で、誤った認識でトレンドラインを引いてしまうと、
全く意味のないラインになってしまうので注意が必要です。

ライントレードはラインを引くだけでトレードができてしまう簡単さゆえに、
ラインの引き方を間違って覚えてしまうことで、
むやみにラインを引き、ポジションを持ってしまい、ポジポジ病の原因にもなります。

そうならないために、中級者の方や上級者の方も、
今回の講座をご覧になり、正しいラインの引き方を覚えてくださいね。

 

まずはこちらのチャートを元に、
基本的なラインの引き方を見ていきましょう。

この緑色で囲った範囲でトレンドラインを引くイメージをしてみましょう。

ポイントは、「相場が下落傾向であれば高値同士を結ぶこと」です。

 

ラインは引けましたか?

先程の緑色で囲った範囲でラインを引くと、
このようになりました。

とてもきれいに波形を捉え、高値同士を結ぶことができていますね。
これがトレンドラインです。

これはチャートがすでに形成されている過去の相場にラインを引いただけですので、
恐らく初心者の方も、どこにラインが引かれるのかを直感でイメージできたのではないでしょうか。

こういったチャートがすでに形成されている相場を過去相場と言うのですが、
ラインを引き慣れていない初心者の方や、トレンドラインをいまいち理解できていなかった方は、
過去相場でラインを引く練習をしていただくと、効果的な練習になります。

こういった練習からトレンドラインに慣れることを始めてみてくださいね。

 

さて、次は、刻一刻と変化する実際の相場の中で、
ラインを引いていく方法を解説していきます。

過去相場でラインを引く練習をしても、
実戦で思うようにラインを引くことができない方や、
引いたラインが全く機能しないといった方
は、
ラインの引き方を間違えている可能性があります。

リアルタイムで相場にラインを引くにはどうすればいいのかを
さきほどのチャートを元に、見ていきましょう。

まずはこの場面から見ていきましょう。

この段階では、1本のトレンドラインを引くことができます。
①の高値を起点として、相場が下落して一旦の戻しを見せた②の高値を結ぶラインを引きます。

単純にトレンドラインのみを考えた場合、
このトレンドラインに相場がもう一度反発の動きを見せれば、
売りで入っていくことが考えられる相場ですね。

では、その後の動きを見てみましょう。

3点目の反発が見られるかと思いきや、
青色で囲った部分でトレンドラインをブレイクして相場が切り上げてしまいました。

今回はトレンドラインについての解説なので、割愛させていただきますが、
チャート左側の高値のラインが意識されていた可能性があります。

ラインブレイクをしたあと、
もう一度トレンドラインへ戻れば、そのラインがまだ有効であるといえますが、
今回の相場ではトレンドラインに回帰せず、ピンク色で囲った部分で反発する結果となりました。

つまり、このラインはトレーダーに「最も」注目されていたラインではなかったことが言えます。
もしくは、下落の勢いが若干弱まった場面であり、
「ラインの引き直し」(後述)を行うべき相場だった可能性もあります。

このように、高値、安値を結び、ルール上正しいラインを引けていたとしても、
それがエントリーに繋がるとは限らない場面もあります。

ですから、

トレンドラインをブレイクする際のタッチを
3点目の反発だと勘違いをして、ローソク足が確定する前にポジションを持ってしまったり、

「下落のラインが引けているから、なんとなく売りで入ってみよう」
などといい加減なポジションを持ってはいけません。

トレンドラインが引ける = 必ずどこかにエントリーできるポイントはある

という考え方はしないように注意しましょう。

ではこういった、一度引いたラインが機能しなかった場合ですが、
「ラインの引き直し」をしていきます。

意識されていないラインでのトレードは、
根拠のないトレードそのものです。

変化する相場に合わせて、
ラインを引き直してみましょう。

すると、このようなラインを引くことができます。

青のラインがさきほどのラインで、
赤のラインが新たに引き直したラインです。

①の起点はさきほどのラインブレイクしたあとの高値として
②、③の高値を結ぶトレンドラインを引くことができました。

このラインであれば、3点目の反発を確認できますので、
下落が確定した足や、細かなトレンドラインを引いてブレイクした足でエントリーしていきます。

ちなみに、よくご質問で、
「なぜ3点目の反発でエントリーをするのか?」
とお伺いすることがあるのですが、
これにはしっかりとした理由があります。

まず1点目では、そもそもトレンドが発生しているかの判断がつきませんので
エントリーを考えるポイントとしては論外ですね。

次に2点目ですが、
最初に引いたラインを見ていただけるとわかりますが、
トレンドラインが本当に意識されているかがまだわかりません。

他の強い根拠が合わさることで、エントリーを仕掛けていく場面もありますが、
トレンドライン単体で考えると、2点目で仕掛けていくのは早計であると言えます。

では4点目ではどうなのかというと、これも3点目と比べると、
エントリーするには弱いポイントです。

過去相場でラインを引く練習をしている方はわかると思いますが、
4点目や5点目というのはトレンドが終息しやすい場面になっていきます。

「トレンドに乗ってエントリーをしたらトレンドが終わった!」
となる方の多くは、こういった終息したポイントで入ってしまったことが原因として考えられます。

以上のことから、トレンドラインが意識されていると判断でき、
トレンドの勢いが落ちにくい3点目の反発を、
エントリーの判断に使うことができるポイントとして考えています。

今お伝えしたこともぜひトレードに取り入れてみてください。

 

話がそれてしまいましたが、
このあとの動きも追ってみましょう。

3点目の反発後も相場が下落して、
4回目の反発を見せました。

しかし、4点目以降は反発には及ばず、
トレンドラインのブレイク後、トレンドが終息していることがわかります。

さきほどの3点目の反発を確認してエントリーをしていた人は、
この相場では手堅く利益を得る形になりました。

 

いかがでしたでしょうか。

トレンドラインのこと、トレンドラインの引き方について
理解していただけたでしょうか。

今回はトレンドラインの引き方そのものに焦点を当てて解説しましたが、
まだまだトレンドラインには覚えておきたいポイントがたくさんあります。

それらも今後、このライントレード実践講座でご紹介していきたいと思いますので、
楽しみにお待ちくださいね。

それまで待てない!
今すぐライントレードのスキルを高いレベルまで身につけたいという方にはこちらの講座がオススメです。

こちらの無料講座では、
ライントレードを一から学ぶことができます。

このブログでお伝えしている以上のことを無料で
手に入れることができるんです。

本来ならば有料でご提供してもおかしくない内容で、
実際にこちらの無料講座で結果を出している方が続出しています。

例えばこの方たち

ライマスを始めてからはほとんど負ける事がなくなりました。
米倉さん

ライマスは以前から存在は知っていましたので
購入したいと待ち望んでいた教材でした。

今回ようやく購入できましたので使ってみましたところ
早速効果が出てきました。

今までは勝ったり負けたりしてさっぱりでしたが
ライマスを始めてからはほとんど負ける事がなくなりました。

今まで色んなロジックを試しましたが
ライマスのロジック(というよりは相場の読み方でしょうか)が
一番確かだと感じています。

これからさらに経験を積んでプロの端くれぐらいにはなりたいと思っています。

これは本当にすごいと思いました
江口さん

これは本当にすごいと思いました。
これまでいくつかのインディケータを使用してトレードを行っていたのですが、
ライマスを勉強しててインディケータは
チャートのローソク足をベースに計算されたもので、
ローソク足にすべての情報が集約されていることを思い出しました。
(ラインだけでトレードが可能だというのは自分にとってかなり衝撃的事実でした。)

そして勉強してて思ったのは奥が深いという事です。
例えば、最初の頃はゾーントレードの重要性とかあまり腑に落ちず、
なんでわざわざ一つの項目として設けているのか理解できませんでした。

勉強して、デモトレードで検証していってようやく
「なる程だから重要なのか」とようやく理解することができました。

あとライマスの教材で重要だと思ったのは金本さんの日記です。
もちろんベースのお話は講座のなかで
Jinさんが講義してくれているのですが、
実際のチャートでそれがそのまま使えるレベルになっているかというと
不足している点が多々あり、
それを補ってくれているのが金本さんの日記だと思いました。

まだ勉強中ですが、引き続き頑張っていこうと思います。

無駄なトレードをしすぎていたのだということが
わかりました。
後藤さん

FXを始めてから1年半ほど経ちます。

勝ち負けを繰り返し、
気づけば資金を1年分の年収くらい失っていました。

ポジポジ病で仕掛けておかないと気が済まないようになっていて、
今思えば無駄なトレードをしすぎていたのだということがわかりました。

JINさんが

「自分も負けていたころは、食事中もチャートをずっと見ていた」
(私も同じでした)とか、

「何のためにFXをしているのか、
家族を幸せにするためだとか自分の夢を実現するために始めたのではないか!
だったらポジションを持つためではなく、勝ち続けることが一番大事」

「あせってはダメ」

という講義を聞きながら、
いつも頷きながら自分に言い聞かせ、現在は取引の回数を減らし、
このライマスの学習に時間を費やしています。

FXを始めた当初、JINさんの教材もインターネットで目にはしていたのですが、
恋スキャもライマスも当時はそれほど重要とは思っておらず、
かってに独学で初めてしまったのが失敗の元だと今では思っています。
悪い癖を直さなければ。。。

金本さんは最初からいい師匠に恵まれて、悪い癖をつけることなく、
成長されていて、とても羨ましく思います。
できれば私もJINさんの弟子にしていただきたいくらいです。(笑)

金本さんのトレード日記も全部見終わるまでには時間はかかりますが、
仕掛けるときや利食い・損切りのヒントがちりばめられており、
今44回のところまで見ています。

私がまだFXを初めていなかったころの相場が見れて、
昔は1ドル75円の頃もあったんだと歴史を感じながら見ていて、
過去検証も徐々に始めているところです。

このコンテンツはいつまでも見られるようにしていてほしいです。
何度も何度も繰り返しJINさんの戒めの言葉を聞いて、心に刻み込み、
勝率90%をめざせるようにがんばりたいと思います。


正しいライントレードを学び、
利益を上げていけるトレーダーを目指していきましょう。

FX-Jin







  • 1つ目
    応援クリック

  • 2つ目
    応援クリック

    ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 3つ目
    応援クリック

1つ1秒、合計3秒のご協力をお願いします!
ランキング1位を獲得した際には、メルマガで有料級コンテンツをプレゼントします!


RANKING

1 【FXの基礎1】FXで知っておくべき10大基礎用語とトレード手法
【FXの基礎1】FXで知っておくべき10大基礎用語とトレード手法
2 第19回 日本経済が破綻したとき、生き残りたい人は必ず見てください
第19回 日本経済が破綻したとき、生き残りたい人は必ず見てください
3 時間やチャートに縛られず、利益を上げ続ける方法
時間やチャートに縛られず、利益を上げ続ける方法

クロスリテイリングLINE@

クロスリテイリングのLINE@と友だちになれば、有益な投資情報を無料で手に入れることができます!

FX-Jinのメルマガ登録フォーム

FX講師・トレーダー・経営者と様々な顔を持つFX-Jinの公式の無料メルマガです。
ブログやコラムなど、FX-Jinが発信する投資やトレードに関する様々な情報を受け取ることができます。

PAGETOP