FX-JIN®公式Webサイト | クロスリテイリング株式会社

【保存版】FX-Jinの正しいラインの引き方講座

【保存版】FX-Jinの正しいラインの引き方講座

FX-Jinです。

今日は保存版の内容です。
ぜひ、お気に入りなどに登録して、
何度もご覧になってくださいね。

「水平の横ライン」と
「斜めのトレンドライン 」を使って
相場を分析するライントレード。

ライントレードはこのブログでも
何度も紹介しているので
既に使っているという方も多くいらっしゃると思います。

ライントレードは有効的に活用することで、
安定して利益を上げることができます。

ですが引き方を間違えてしまうと、
役に立たないばかりか
ヘタすると損失につながってしまいます。

「なぜ損失につながってしまうのか」

その理由は3つあります。

サポレジラインがありすぎて損切りを迷っている

トレンドラインがおかしくて決済を迷っている

サポレジ、トレンドラインがおかしくてエントリーが次々とできてしまう

残念ながらこのような
ラインの引き方をしている人って
結構いるんですよね。

ではどんなラインの引き方がいけないのか
実際にチャートを用意したので
早速見ていきましょう。

サポレジライン

まず、横に引く水平のライン
サポートライン・レジスタンスラインですね。

次の画像はドル円5分足のチャートになります。

この2つの画像のうち
片方は良くないラインの引き方をしています。

どちらのチャートか分かりますか?

そうですね、2番目の画像
良くないラインの引き方になります。

ちょっと画像の例では
極端に引きましたが

気づいたらこういった感じの
ラインを引いてしまう人は多いですね。

なぜこんなにもラインが
引かれてしまうのかというと

波形を細かく見すぎていることや
波形のスパンが一定でないことがあげられます。

これを回避するには
層(レイヤー)を意識していきます。

レイヤーが切り替わることを
意識してラインを引いてみましょう。

また相場が毎回きっちりとラインに
反発することは無いので、
ローソク足のヒゲや実体も含めて
アバウトに引いていくことも重要です。

サポレジラインの引き方ポイントのまとめ

トレンドライン

続いてトレンドラインについて
見ていきましょう。

こちらも先ほどと同様に
片方は良くないラインの引き方をしています。
どちらか分かりますか?

こちらも、2番目の画像
良くないラインの引き方になります。

一見すると
相場をきちんと支えて
トレンドを形成しているように見えます。

ですが、この画像では、
いわゆる後付のトレンドラインとなってしまっています。

また、リアルタイムの場合でも
相場に合わせずに

自分の都合の良いように合わせて
引いてしまうのは
NGなラインの引き方です。

この引き方ですと先程もあった
波形のスパンを無視した引き方になり、
トレードに適さないラインとなってしまいます。

トレンドの勢いが変わったら
新しく引き直すことが重要です。

波形のスパンを一定に捉えながら
ラインを引いていきましょう。

トレンドラインの引き方ポイントのまとめ

いかがでしたか?
それではここまでお伝えしたことを踏まえて
今回のトレードを見ていきましょう。

○FX-Jinの5月13日(金)のトレード結果


【USDJPY】【5分足】
エントリーポイントと決済ポイント

【トレード結果】

5月13日 11時00分頃 108.88で売りエントリー

5月13日 11時50分頃 108.79で決済

+9pips

【今回のトレード結果について】

13日のドル円相場は
明け方から横ばいに推移し、
レンジ相場を形成していました。

9時頃に高値を切り下げたことで
レイヤーが切り替わったことを確認。

もう一度跳ね返ってきたところで
売りエントリーをしました。

ボリバンのミドルラインを
抜けてはいなかったのですが、

切り下げ直後ということで
下落の勢いは強いという判断でのエントリーです。

その後約50分ほどポジションを保持したところで
ボリバンの-2σラインにタッチしたので決済。

9pipsの利益となりました。

この時損切りラインは、
サポレジが切り替わったラインの少し上に置いています。

今回は、以下の画像のように前日から
たびたび意識されていた価格があったため
ラインを引いてエントリーの根拠としました。

このように層を考えたところに
ラインを引くことで安定してトレードを
することが出来るようになります。

今回お伝えしたような
ラインの引き方をしてしまっている人は、

ぜひこちらのトレード結果も参考にして
これからトレードに取り組んでみてください。

最後に

間違ったラインの引き方をしてしまう人の大きな特徴として

「自分の都合のいいところにラインを引いてしまう」

ということが挙げられます。

ラインは基本的に裁量で引くことが多いため、
自由なところにラインを引くことができます。

トレードをしている以上
やはり自分の思うように動いて欲しいですし、
ちょうどいいところに引きたいという気持ちもわかります。

ですが、相場はあなただけでなく
あなた以外の個人投資家や機関投資家など、
多くのトレーダーが参入しています。

それにも関わらず、あなたの思惑通りに
相場が動いてくれるはずはないですよね。

今回お伝えしたような引き方をしてしまっている人は
なかなか利益を出すのが難しくなってしまっているかと思いますので、
まずはここから直していって欲しいと思います。

↓ ライントレードの無料講義も公開中! ↓

そして、もっともっとライントレードについて、
しっかり学びたいという方は、
このプーケットで繰り広げられた、
ライントレード白熱講義をご覧ください(無料です)

この動画では、私FX-Jin直伝のライントレードを、
プーケットの地で、
金本浩に教えるといった形をとっています。

ドキュメンタリー番組を見ているような感覚で
楽しくラインの引き方を学ぶことが出来る講座です。
(実際、いろんなことがありました・・・・)

ライントレードの入門として、
こちらの無料講座で学んでいただくことが、
良いステップアップになると思いますし、

楽しみながらスキルアップできますので、
すごくおすすめです。
FXライントレードマスタースクール無料講座はこちら!

FX-Jin

RANKING

1 【超大切!】ロジックってなんのこと?
【超大切!】ロジックってなんのこと?
2 もうダマシに騙されない!相場のブレを捉えるライントレード
もうダマシに騙されない!相場のブレを捉えるライントレード
3 私が利益をあげられるようになった”キッカケ”を教えます
私が利益をあげられるようになった”キッカケ”を教えます

PAGETOP