FX-JIN®公式Webサイト | クロスリテイリング株式会社

細かなラインを引いてポジションを仕掛ける

細かなラインを引いてポジションを仕掛ける

  • 1つ目
    ↓ 応援クリック ↓

  • 2つ目
    ↓ 応援クリック ↓

    ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 3つ目
    ↓ 応援クリック ↓

1つ1秒、合計3秒のご協力をお願いします!
ランキング1位を獲得した際には、メルマガで有料級コンテンツをプレゼントします!
(ぜひ、ページ下からメールマガジンにもご登録ください)


このボリュームで本当に無料!?

楽しく学べてあっという間に月収400万の不労所得をゲット!
大人気の無料講座「FXライントレード・マスタースクール」はこちら!
「FXライントレード・マスタースクール」はこちらから!


FX-Jinです。

今回のライントレード実践講座では、
「FXライントレード・マスタースクール」の無料講座でもご紹介する
“細かなラインを引く”という、ライントレードでエントリー判断に使用するテクニック。
こちらを、参考事例をもとに紹介したいと思います。

「ラインを引いて相場の方向性はわかったけど、エントリーするタイミングがわからない……」

そう悩んでいる方は、まずは私がどのような感覚で
細かなラインを引いているのかをご覧いただき、
実践に落とし込んでいってみてください。

それでは、参考事例となる相場を早速見ていきましょう。

細かなラインを引く感覚を掴む

下落・上昇トレンド相場

今回はこちらの相場を題材にしてみます。
まずはいつも通り、トレンドラインを引いて相場状況を把握してみましょう。

トレンドラインを引いた相場

このようにパッと見たところ、
序盤は下落トレンド、終盤にトレンド転換をしています。

トレンドラインの根拠

今回はトレンドラインをどのように引いたのか。
その説明はこちらの1点目、2点目を見て判断していただくとして、
本題の細かなラインを引くことに移っていきましょう。

まず、細かなラインを引くポイントとして覚えてもらいたいことがひとつ。

「細かなラインは、相場の方向に対して逆に引くライン」です。

つまり、上昇相場なら下落方向のライン、
下落相場なら上昇方向のラインということになります。
※順張りの考え方です。

なぜそうするのかというと、
上昇トレンドでいえば押し目買い、下落トレンドでいえば戻り売りのポイントで
エントリーを狙い、相場の勢いに初動から乗るためなんです。

スキャルピングトレードという短期決戦のトレードスタイルは、
少ないpips数を、レバレッジを上げて高いロット数でトレードすることにより、
短時間で大きく利益を得るのが目的ですので、
ほんの数pipsの違いで利益が大きく変わります。

だからできるだけ多くのpipsを稼げるようにトレードすることも
トレードするうえで意識すべき重要な要素です。

それでは、先ほどの相場に細かなラインを引けるポイントはどこか、
見てみましょう。

細かなトレンドライン

※今回は下落、上昇共に3点目からをエントリータイミングと判断して細かなラインを引いています。

このように細かなラインを引くことができました。
実際の活用方法としては、エントリーのタイミングの判断になるわけですが、
細かなラインを相場がブレイクしたらエントリーとなります。

細かなラインを引く手順を知る

それでは次に、細かなラインを引くまでの手順をお伝えしたいと思います。

段階は大きく分けて3つです。

1)ラインを引いて相場の方向を確認する
2)ローソク足がラインに反発を受けたことを確認する
3)細かなラインを引く

これを順に見ていきましょう。

1)ラインを引いて相場の方向を確認する

これはこれまでも繰り返しお伝えしてきた、ライントレードの手法ですよね。

相場の意識されるポイントを見極めて、トレンド相場なのかレンジ相場なのか。
また、上昇トレンドなのか下落トレンドなのか。

今の相場の方向性を確認する重要な段階です。

相場の方向性を確認

引き方は、波形の1点目、2点目をラインで結んであげるというとても簡単な方法です。

2)ローソク足がラインに反発を受けたことを確認する

相場の方向がわかったら、
次は1点目、2点目を見つけたように、
引いたラインに反発(タッチ)する場面を待ちましょう。

ラインの反発を確認

この反発ポイントを待つことで、1点目、2点目で判断した相場の方向性が
まだ継続している、相場の勢いがあると判断することができるので、
ここでようやくその相場の流れに乗ってトレードをしようとなります。

※今回は3点目を紹介しています。
※4点目、5点目……と相場がラインに沿って継続しているなら
 エントリータイミングは続きます。

3)細かなラインを引く

ここまでの段階を経て、ようやく細かなラインを引いていくことになるわけですが、
これは最初に引いたラインを縮小したものだと考えればとても簡単です。

細かいトレンドライン

引いたラインに反発(タッチ)したポイントの手前の安値(上昇トレンドの場合は高値)から、
引いたラインに反発(タッチ)したローソク足までをラインで結んであげましょう。

細かいトレンドライン

もうひとつ例を挙げました。
3点目のあと、再びラインに反発した4点目でのエントリー判断です。

エントリー判断

あとは、引いた細かなラインをローソク足がブレイクしたらエントリーという流れです。

いかがでしょうか。

これが、ライントレードでエントリーを行う一連の流れです。
相場の状況を判断するだけでなく、スキャルピングトレードに最適なエントリー判断にも
ライントレードは活用できるわけですね。

今回お伝えした内容は、
「FXライントレード・マスタースクール」という私の無料講座にて
動画による解説を交えてお伝えしています。

FXライントレード・マスタースクール

ストーリー仕立ての動画と共にテクニックを学べますし、
文章よりも動画で学習をしたほうが
よりテクニックが身につくことでしょう。

「まだ見たことがないよ」という方や、
今回の講座でなるほど、と感じた方はぜひこちらも目を通してみてくださいね。

今後も皆さんがライントレードで抱えている悩みや疑問を、ぜひ下記のフォームから送ってみてください。

お送りいただいたメッセージの中から、抽選となってしまうのですが、
ライントレード実践講座をご覧になる多くのFX初心者の方に役立つ知識など、お答えさせていただきます!

FX-Jin







  • 1つ目
    応援クリック

  • 2つ目
    応援クリック

    ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 3つ目
    応援クリック

1つ1秒、合計3秒のご協力をお願いします!
ランキング1位を獲得した際には、メルマガで有料級コンテンツをプレゼントします!


RANKING

1 【FXの基礎1】FXで知っておくべき10大基礎用語とトレード手法
【FXの基礎1】FXで知っておくべき10大基礎用語とトレード手法
2 第20回 インフレが起こす経済危機とそれを乗り越えるためのたった一つの考え方
第20回 インフレが起こす経済危機とそれを乗り越えるためのたった一つの考え方
3 第48回 仮想通貨を長期保有しない選択
第48回 仮想通貨を長期保有しない選択

クロスリテイリング公式PV

クロスリテイリング株式会社 会社紹介

FX-Jinからのご挨拶

不労所得を得るための最短コースとは?稼ぐためのステップ

企業としての展望と働くことの意義とは

私が会社経営を続ける理由

クロスリテイリングLINE@

クロスリテイリングのLINE@と友だちになれば、有益な投資情報を無料で手に入れることができます!

FX-Jinのメルマガ登録フォーム

FX講師・トレーダー・経営者と様々な顔を持つFX-Jinの公式の無料メルマガです。
ブログやコラムなど、FX-Jinが発信する投資やトレードに関する様々な情報を受け取ることができます。

PAGETOP