FX-JIN®公式Webサイト | クロスリテイリング株式会社

第72回 プロトレーダーが持つ3つの目

第72回 プロトレーダーが持つ3つの目

  • 1つ目
    ↓ 応援クリック ↓

  • 2つ目
    ↓ 応援クリック ↓

    ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 3つ目
    ↓ 応援クリック ↓

1つ1秒、合計3秒のご協力をお願いします!
ランキング1位を獲得した際には、メルマガで有料級コンテンツをプレゼントします!
(ぜひ、ページ下からメールマガジンにもご登録ください)


エントリーも、決済も全てを自動で教えてくれる高性能ツール!
兼業トレーダーであり現役の掲載コンサルタント奥谷隆一が送る
「FXスキャル・パーフェクトシグナル」はこちら!

「FXスキャル・パーフェクトシグナル」はこちらから!


FX-Jinです。

本日のポッドキャストは、ドル円相場を取り上げて、
以前行った相場分析の経過を確認しながら
その後の展開についても予測していく内容をお届けします。

単に私の見解を把握するだけでなく、
「プロトレーダーはどのような視点を持っているのか」
といった点に注力してください。

私のように相場分析を行うのは決して難しいことではありません。

過去にお届けしている相場分析のポッドキャストもご覧いただきながら
ぜひあなたの分析力を磨いてみましょう。

この音声は、お手持ちのスマホからお手軽に聞くことができます!

さらに、下のリンクからポッドキャストの購読をしていただくと、
毎週番組が更新されると自動で最新の番組がスマホに届きます!

さらに、過去の番組もさかのぼって聞くことができるので、通勤中や空いた時間などのお好きな時間に、番組をお楽しみいただけます!

こちらのリンクから購読が可能となっていますのでチェックしてみてください!
ポッドキャスト番組ページはコチラ!

長期的な視点で考えるドル円相場

私はスキャルピングを得意としているトレーダーですが、
ドル円とユーロドルの日足チャートもよく確認するようにしていて、
その中でスイングトレードを行うことも珍しくありません。

そんな私の捉えるドル円相場の傾向についてお話していきたいのですが、
これについては5月にも一度、解説したことがありましたね。

第67回 「相場のサイクル」を理解する

そこでもお話しましたが、3月末に一旦105円付近で底をついてから、
ドル円相場は上昇トレンドに転じています。

その相場の方向性を確定してくれたのは、
下図で示した長い陽線と次に見せている押し目買いのポイントです。
よって、この相場は上昇に向かっていると判断できます。

ドル円 日足チャート 上昇トレンド

長い陽線、つまり大量のドル買いが起きたことが強く意識され、
一度は相場が下がって下値を試してきていますが、
このラインは突破されていないんですよね。

ドル円 日足チャート ライン反発

また、この時期は米朝首脳会談も行われましたが、
ドル買いの方向性は崩れることはありませんでした。
この点については、6月にもポッドキャストでお伝えしています。

第70回 米朝首脳会談から読み解くドル円の行方

このような判断は、決して私の特別な力を用いて
行っているわけではありません。

私だけに限らず、誰でもチャートと向き合っていくことで
このような分析ができるようになるものなんです。

時間足を変えながら考えるドル円相場

さて、ここまでドル円の日足チャートを中心に見てきましたが、
ここで週足チャートについても目を向けていきましょう。

先ほどの「105円付近でトレンドが転換するのではないか」という判断は
この週足チャートをベースにして考えていました。

ドル円 週足チャート 上昇トレンド

週足チャートで見る、トレンド転換が起きたところは上図に示したとおりです。
ここを突破して、ドル買いの方向に勢いがついたんですよね。

ここでドルを保有している人たちというのは、
長期で保有を考えている人たちだと考えられます。
そのため、トレンドが転換するほど一気に上昇していきました。

そのことがわかったからこそ、107円台もしくは105円台が抵抗になるはずだ
以前のポッドキャストでお伝えすることができたわけです。

ちなみに私は普段、チャート画面を見る時に、
ローソク足一本ずつの動きに注目するのではなく、
むしろ、その上下に広がっている空間に目を向ける
ようにしています。

下に空間があいている時はドル買い傾向にあると判断し、
逆に、上に空間が見られる時はドルが売られる圧力を確認するわけですね。

この癖をしっかりつけておくと、細かい部分ばかりに目移りせずに
相場の行方を見られるようになると思います。

さて、ここで改めて日足チャートに戻って、
注目しておきたいもうひとつの着眼点をチェックしてみましょう。

ドル円 日足チャート 陰線の連続

ここで見てもらいたいのが高値のポイント、つまりドルが売られている場面です。

上図で示しているように、数本の陰線が続いているところがあります。
しかも、次の波形では直近のラインを試すことができていません。
そこまで到達する前に失速してしまい、その後また上昇しつつある状況です。

上部に見える小さな抵抗体は、この試すことができなかった直近のラインになります。
もしもここを突破したなら、次に目を向けるのは、その上の高値ラインになりますね。

ただ、先ほど触れた連続した陰線の大きさから考えると、
ここで大きく伸びるのはあまり考えられないかなと私なら判断します。

ここでもう一度、上部の抵抗体を見るために週足チャートに戻ってみましょう。

ドル円 週足チャート 高値ライン

先ほど抵抗帯になると踏んだラインと、
そこを超えられなかった陰線が確認できますね。

その前にはなにがあるかというと、連続した陰線、
つまり強力なドル売りが続いています。

FXというのは時間が経てば経つほど、さまざまな動き方をしますが、
直近で目立った動きがある場合は、ある程度は動きを予測できることがあります。

今回の相場状況に見られるように、つい最近「ドルを売ろう!」と考えた人は
突発的なドル買いが起きたりしない限り、
その考えをコロコロ変えずにドル売りの気持ちを継続すると思われます。

そのため、この相場からわかることとして、
これだけ直近に強い売りの動きがあったから、この陰線の始まりが
アップリミットになるだろうという判断
になります。

ドル円 週足チャート レンジ

このように上下にラインを引いてみると、長期的に見てみた時に
111円台の「ここから売られる」ラインと、105円台の「ここから買われる」ラインの間で、レンジになっているのがわかりますね。

現在はライン付近でローソク足が動いていますが、
ここで切り下がろうとするなら売りエントリーになります。
そしてサポートラインに反発されて切り上がったら、今度は買っていくわけです。

逆に、このレジスタンスラインを突破するなら、まずは様子見をしましょう。
ドルを既に売っていた人は損切りをするでしょうから、次にライン付近まで落ちてきて
押し目を確認できたら買いエントリーをしていくわけです。

このように、ラインを突破するかどうか、相場状況を分析できるようになれば
それに応じた戦略を練ることができるようになりますね。

先ほども説明しましたが、これは誰でもできるようになるはずです。
繰り返しながら相場に慣れていくことで、あなたも分析をする目を鍛えていきましょう。

逆相関の関係を考えるドル円相場

ドル円相場を分析するなら、注目するべきはドル円のチャートだけではありません。
続いてはユーロドルの日足チャートも確認してみることにしましょう。

ユーロドル 日足チャート

上図を見ればわかる通り、ユーロドルは一気に下落している様子が見られますね。

実は、それ以外にこのチャートには、もうひとつ確認したい
特徴的な部分があるのですが、わかりますか?

このチャートには一時的な下げ止まりが数箇所確認できるんです。

ユーロドル 日足チャート ライン反発

この3箇所ですね。
つまり、このラインが意識されているということがわかります。

直近の下落が非常に強いため、
もしかしたらこのラインを抜けて、さらに下落するかもしれません。

そして、この分析から何がわかるのかというと、
この時点で下げ止まりというのであれば
逆相関の関係にあるドル円は上げ止まっているということ。

ユーロドルの相場が下がっていくのに呼応して、
ドル円は上がっていくのです。

ただ、先ほども確認したドル円の日足チャートにおける
売りの勢いは無視できないものでしたので、
今後のドル円相場に関しては、
一旦売りの方向に進むかもしれないとも考えています。

ドル円 日足チャート レンジ

さて、ここまでドル円相場を中心に
いくつかの観点から相場分析を行ってみました。

もちろんトレーダーによっては、違う観点から見る人もいるでしょうし、
中には、私と逆の判断をしている人もいるかもしれません。

しかし、ひとつだけ言えることは、
相場分析は決して特別なスキルが必要なわけではなく、
慣れていけばあなたでもここまで読み解くことができる
ということです。

もちろん、一朝一夕ですぐさま判断できるわけではないでしょう。
また、日頃からFXの学習を続けていくというのも非常に大切です。

私も未だに、いろいろな手法やロジックについて
貪欲に学習することを心がけています。

相場は決まりきった動きをするわけではありませんから、
その時々に応じて異なった動きを読み解かなければなりません。
つまり、それぞれに適した手法、ロジックを身につけ続けることが
稼ぎ続けるためには必要だということです。

ものすごく良い手法やロジックが出たのに、
それを知らなかったために利益を手にするチャンスを逃してしまう。
それは非常にもったいないことだと思いませんか?

そうした考えによって、私は今でも新しい知識、スキルを
貪欲に吸収する姿勢を持ち続けています。
ぜひ、今回の内容をご覧になったあなたにも、
私のようにFXの勉強は続けてほしいと思っています。

そのための投資情報は引き続き
このサイトやポッドキャストでもお届けしていきますし、
弊社の無料講座を活用していただくのも役立つことでしょう。

「FXスキャル・パーフェクトシグナル」はこちらから!

さて、FXのさらなるスキルアップを目指す方は、
こちらの無料講座を受講してみてはいかがでしょうか。

こちらの無料講座では、FXのプロトレーダーであり、
また最強の兼業トレーダーでもある講師の奥谷隆一さんが、
1日たったの10分で利益を上げられる
FXのとあるシステムに関する情報を公開しています。

奥谷さんの使用しているシステムトレードは、
機械的にトレードするだけで稼ぐことができるため、
シンプルながらしっかりと、
トータルで利益にすることができると好評です。

FXの裁量スキルを学ぶのに加えて、
こうしたシステムトレードによって
着実に利益をあげる術も、
無料で受講できるうちに習得してみてください。


FX-Jin

  • 1つ目
    応援クリック

  • 2つ目
    応援クリック

    ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 3つ目
    応援クリック

1つ1秒、合計3秒のご協力をお願いします!
ランキング1位を獲得した際には、メルマガで有料級コンテンツをプレゼントします!








RANKING

1 【FXの基礎1】FXで知っておくべき10大基礎用語とトレード手法
【FXの基礎1】FXで知っておくべき10大基礎用語とトレード手法
2 第20回 インフレが起こす経済危機とそれを乗り越えるためのたった一つの考え方
第20回 インフレが起こす経済危機とそれを乗り越えるためのたった一つの考え方
3 第48回 仮想通貨を長期保有しない選択
第48回 仮想通貨を長期保有しない選択

クロスリテイリング公式PV

クロスリテイリング株式会社 会社紹介

FX-Jinからのご挨拶

不労所得を得るための最短コースとは?稼ぐためのステップ

企業としての展望と働くことの意義とは

私が会社経営を続ける理由

クロスリテイリングLINE@

クロスリテイリングのLINE@と友だちになれば、有益な投資情報を無料で手に入れることができます!

FX-Jinのメルマガ登録フォーム

FX講師・トレーダー・経営者と様々な顔を持つFX-Jinの公式の無料メルマガです。
ブログやコラムなど、FX-Jinが発信する投資やトレードに関する様々な情報を受け取ることができます。

PAGETOP